あづみ野工場

FACTORY

フランスの技術を生かし、フロマージェアソシエジャポン(株)あづみ野工場では、《そのまま食べてもおいしい》をコンセプトに原乳から製造までこだわったチーズ作りをしています。 あづみ野工場は、安曇野の南端に位置し、工場のすぐ南側には梓川が流れているという豊かな自然に恵まれた立地にあります。 安曇野一帯は、北アルプスから湧き出るきれいな水が豊富でリンゴや米、わさび栽培でも有名です。このような自然環境に恵まれた信州・安曇野の地で、おいしいチーズを作りたいという思いからあづみ野工場は設立されました。創業時より、国産の生乳を使用している他、フランス産、アメリカ産、オーストラリア産などの原料を使い、フランスのレシピに基づいたチーズ作りをしています。

会社名 フロマージェアソシエジャポン株式会社
所在地 〒390-1701 長野県松本市梓川倭3852-2
設立 2002年9月
生産開始 2003年9月
その他設備 主としてフランスを中心としたヨーロッパ製の 設備製造室は24時間空調のクリーンルーム

あづみ野だより

  • 信州では連休頃から田んぼに水が入り、田植えの準備が始まります。写真は5月、とある出勤前の風景。
  • 抜けるような青空に朝から晴れやかな気分です。ちょうど田植えが済んだばかりで、小さな稲が整然と並んでいますね。
  • 梓川堤防道路を挟んで、北アルプスの風景が水面にきれいに反射しています。
  • 静まり返った水面に風景が鏡のように映りこむ、この眺めは風のない穏やかな日にしか見られません。
  • 気付けばアルプスの山々も芽吹き始め、新緑が眩しい季節となっていきます。