あづみ野工場

FACTORY

フランスの技術を生かし、フロマージェアソシエジャポン(株)あづみ野工場では、《そのまま食べてもおいしい》をコンセプトに原乳から製造までこだわったチーズ作りをしています。 あづみ野工場は、安曇野の南端に位置し、工場のすぐ南側には梓川が流れているという豊かな自然に恵まれた立地にあります。 安曇野一帯は、北アルプスから湧き出るきれいな水が豊富でリンゴや米、わさび栽培でも有名です。このような自然環境に恵まれた信州・安曇野の地で、おいしいチーズを作りたいという思いからあづみ野工場は設立されました。創業時より、国産の生乳を使用している他、フランス産、アメリカ産、オーストラリア産などの原料を使い、フランスのレシピに基づいたチーズ作りをしています。

会社名 フロマージェアソシエジャポン株式会社
所在地 〒390-1701 長野県松本市梓川倭3852-2
設立 2002年9月
生産開始 2003年9月
その他設備 主としてフランスを中心としたヨーロッパ製の 設備製造室は24時間空調のクリーンルーム

あづみ野だより

  • 新年あけましておめでとうございます。
  • 信州は冬の寒さ本番となり、北アルプスから吹き降ろす風にちらちら雪の舞う日が多くなってきました。
  • 中信は積雪がさほど多くはないですが、日中降り始めると車必須の私たちは翌朝の通勤への影響がとても気になります。工場駐車場の雪かきもひと苦労です。
  • 新年、田んぼ脇の道祖神にお正月飾りがなされていました。
  • 松本市内の道祖神の総数は600基を超えるそうで、あちこちで見かけます。
  • 集落の入り口に祀られることが多く、その場所から集落内に災いが侵入するのを防ぐ境の神としての性質が強いそうです。
  • 道祖神にまつわる様々な行事があり、お正月飾りを焚き上げる火祭りを「三九郎」と呼び、小学生が中心となって行われ無病息災を願います。
  • このような道祖神を祀りムラの繁栄を祈る習俗が市内のあちこちで行われ、厳しい冷え込みの冬を乗り越え、春を待ちわびる人々の心のよりどころとなっています。
  • コロナが我がムラに侵入するのを防いでくださることを願いつつ。